1. HOME
  2. 電話機
  3.  >
  4. UCT-206/2.4GHzデジタルコードレス留守番電話機

UCT-206/2.4GHzデジタルコードレス留守番電話機

UCT-206本体画像

デジタル方式のメリット

ノイズの少ないクリアな音質

254MHz帯や384MHz帯を使用する従来のアナログ方式よりも高い周波数を 利用したデジタル方式を採用することにより、アナログよりも高音域から低音域までノイズの 少ない、よりクリアな音質での通話が可能です。

アナログ方式とデジタル方式音声帯域比較グラフ

安心のセキュリティー機能

盗聴防止機能

秘話性の高いデジタル方式であることに加え、「周波数ホッピング方式」を 採用した盗聴防止機能を搭載。子機間内線通話や外線通話が盗聴されにくく 安心です。 ※第三者が特殊な手段を講じた場合は、傍受される可能性があります。
[周波数ホッピング方式]
周波数ホッピング方式とは、一定の周期で搬送波の周波数を切り替えて通信 を行うスペクトラム拡散の方式のひとつ。送信側に合わせて受信側も同様に 周波数を変更することで秘匿性の高い通信が可能になります。

周波数ホッピング方式概略図

迷惑電話拒否機能

最大5つまで特定の電話番号からの電話や番号非通知でかけてきた電話を受けないようにできます。また、公衆電話でかけてきた電話や表示圏外(海外など番号を通知できない電話)からかっけてきた電話を受けないようにできます。(1)

通話録音機能

通話の内容を録音することができます(1件につき最大10分まで)。録音できる時間は留守電の用件録音と合わせて最大16分です。

その他の特徴

大きなボタンで快適操作

親機のダイヤルボタンが大きいので、ダイヤル操作が楽に行えます。

ワンタッチダイヤル

ワンタッチダイヤルボタンを押すだけで、登録した電話番号にかけることができます。

スピードダイヤル

子機の数字ボタンを使ってすばやく電話番号を呼び出してかけることができます。

カタカナ電話帳

よくかける相手の名前・電話番号を電話帳に登録しておくと、簡単に電話をかけることができます。登録できる件数は、ナンバーディスプレイサービスによる着信履歴と合わせて最大100件です。(子機のみ)

着信鳴り分け

相手ごとに異なる着信音をあらかじめ電話帳に登録しておくと、電話がかかってきたときに登録した着信音が鳴ります。ディスプレイを見なくても、かけてきた相手を知ることができます。(1)

三者通話

子機2台(または子機・親機)と外の相手の3人で同時に通話することができます。(4)

内線通話

親機と子機のあいだで双方向に通話ができます。

子機間通話

子機を2台以上お持ちの場合は、子機どうしで双方向に通話ができます。(4)

デジタル留守録

録音されたメッセージの聞きなおしや頭出しなどすばやく操作することができます。外出先からメッセージの有無確認、再生などの留守番電話の操作ができます。

ダイヤルライト

ダイヤルボタンが光り、暗い場所でも操作することができます。

ハンズフリー通話

受話器に内蔵されているスピーカー機能を使えば受話器を持たなくても双方向での通話が可能。家事やデスクワークを しながらハンズフリーでの通話ができてとっても便利です。

停電時通話

停電時でも親機の受話器を使って外線通話できます。

※親機のその他の機能および子機は使用できません。IP電話・ひかり電話をご利用の場合、停電時の通話はできません。

壁掛け対応

市販のネジを使って、柱や壁などに取り付けることができます。

※子機は壁掛け対応ではありません。

そのほか充実の各機能

  • ナンバー・ディスプレイ、キャッチホン・ディスプレイ対応(1)(2)
  • 短縮ダイヤル機能(親機20件)
  • 子機呼び出し機能 (子機がどこにあるかわからない時に親機から子機を呼び出しできます)(親機のみ)
  • ミュート機能(通話中にこちらの声が相手に聞こえないようにできます)(子機のみ)
  • 電話帳転送機能(子機から別の子機に電話帳が転送できます)(4)
  • トランシーバーモード (親機の通信圏外であっても子機どうしで直接通話ができます)(4)

付属同梱品

親機(1台)、子機(1台)、充電器(1台)、ACアダプター(2個/親機用、充電器用)
子機用バッテリー(1個)、電話機コード(1本)

  1. NTTへのサービス申し込みが必要です(有料)。
  2. NTT東日本/NTT西日本のネーム・ディスプレイには対応しておりません。
  3. ナンバーディスプレイサービスへの契約が必要です。
  4. 別途子機の増設が必要な場合があります。
  5. 接続可能なモジュラーコンセントは6極2芯式です。6極4芯式または6極6芯式のホームテレホンやビジネスホンのモジュラーコンセントには直接接続できません。
  6. 構内交換機の内線として使うとき、構内交換機の種類によっては正常に動作しない場合があります。
  7. ドアホンへの接続はできません。